お役立ち空調情報

補助金や新冷媒動向、空調技術など、ちょっと役に立つ情報を掲載していきます。


令和元年度(2019)フロン類算定漏えい量の集計結果が公表

4月 8, 2021 03:30 午後

2015年4月に施行されたフロン排出抑制法には、フロン類算定漏えい量報告・公表制度が定められています。このたび、同法施行以来5度目となる令和元(2019)年度フロン類算定漏えい量の集計結果が2021年3月23日に公表されました。 詳細は環境省、経産省の報告書を参照していただくべきものですが、今回の集計結果の主な項目について、5年間の数値比較を行います。

もっと読む

改修か交換か:設備更新戦略を決定する4つの質問

4月 8, 2021 03:00 午後

建物の老朽化に伴い、空調設備を交換するか改修するかの岐路に立たされるかもしれません。設備が老朽化したり、耐用年数が近づいたりすると、お客様は「改修するか、買い替えるか」という決断を迫られます。 お客様の施設や建物のニーズに最も適した選択をするために、以下の4つの質問の答えについて検討してみましょう。

もっと読む

危機管理計画策定の8つのステップ

3月 22, 2021 04:00 午後

危機管理計画策定は非常に重要であり、一部の保険会社では、事業継続のための保険を提供する条件として、企業に正式なプランの作成を求めています。 では、何から始めればいいのでしょうか?ここでは、危機管理計画を策定する際に考慮すべき8つのステップをご紹介します。

もっと読む

データセンターのエネルギー利用の未来:人工知能で複雑さを極める

3月 4, 2021 03:00 午後

現代の最大のパラドックス(矛盾)の一つ。それは、世界的な需要の増加に対応するために多くのエネルギー集約型データセンターの建設が求められる一方、気候変動にブレーキをかけるために二酸化炭素の排出量削減が不可欠となっていることです。これは課題であると同時に、機械学習や人工知能(AI)を含むあらゆる分野で、これからの建物のエネルギーを変えてゆく技術を導入するチャンスでもあります。

もっと読む

国境炭素税とは

2月 17, 2021 03:00 午後

世界的に脱炭素に向けた取り組みが活発化する中、地球温暖化対策が十分でない国からの製品輸入に対して関税などの追加負担を課す「国境炭素調整措置(CBAM: Carbon Border Adjustment Mechanism)」いわゆる「国境炭素税(carbon border tax)」についてわかりやすく解説します。

もっと読む

米国 北東部 排出量削減トレンド:持続可能なスマートグリッドのための重要な戦略

2月 17, 2021 02:30 午後

脱炭素化・CO2削減のトレンドは、米国のグリッド(電源)を変えつつあります。化石燃料への依存度を減らし、太陽光発電や洋上風力などの分散型エネルギー資源や、新しいエネルギー効率、デマンドレスポンス、エネルギー貯蔵、その他顧客ベースの技術に依存するようになってきています。

もっと読む

商業施設のIAQ(室内空気質):成功事例とトレンド

1月 18, 2021 09:00 午前

全国的にコロナ関連の懸案事項が続き、多くの企業が建物の安全な運用と維持管理に力を注ぐ中、小さな変更が大きな改善につながるケースや、長期的な建物の健全性に注目が集まっているケースもあります。 ここでは、特に商業施設のIAQ改善対策に関するトレンドをご紹介します。

もっと読む

サージングとは

12月 14, 2020 09:00 午前

サージング(Surge:急上昇、圧力の急激な変化)とは、遠心式圧縮機の吐出ガス圧が吐出側の圧力に負けて、ガスが吐出できなくなったり、ガスの逆流が発生する現象です。遠心式圧縮機においサージングが起きると、振動が激しくなり、運転が不安定になります。これは圧縮機の圧力ヘッドが足りないことを意味します。

もっと読む

パッケージエアコンとは

12月 3, 2020 09:00 午前

主にご家庭で使用する「ルームエアコン」に対して、店舗や大型施設で利用される業務用エアコンは、一般的に「パッケージエアコン(PAC:パック)」と呼ばれます。ここでは、パッケージエアコンの種類や特徴について解説します。

もっと読む

冬季に備えた施設の省エネ対策

11月 11, 2020 02:00 午後

前代未聞のデマンドが押し寄せる2020年、職場や家庭での寒い日に向けた建物の準備はおすみですか。 まだ時間はあります。ここでは、冬季にエネルギーを節約し、光熱費を削減するために役立つ、トレインの建築専門家によるヒントと推奨事項をいくつかご紹介します。

もっと読む
空調、冷凍機、省エネソリューションをお探しならトレイン・ジャパン。トレインは、創業から100年以上、世界 100カ国で、29,000人が働く世界企業です。冷凍機を知り尽くしたメーカーならではの豊富な経験と高い技術力をもとに、空調、省エネに関する最適なご提案をいたします。